ラストシーン (2002) : Last Scene

「仄暗い水の底から」の中田秀夫監督が、映画への思いをつづった注目作。かつて名をはせた往年の大俳優と、若く純粋な女性スタッフの交流を描くハートフル・ドラマ。キャスト:西島秀俊, 若村麻由美, 麻生祐未

 ・ amazon : ラストシーン (2002) : Last Scene
 ・ Youtube : ラストシーン (2002) : Last Scene

ラストシーン (2002) : Last Sceneのストーリー

1965年。普及し始めたテレビにより映画界が暗い影を落とし始めた頃、スター俳優・三原健(西島秀俊)は、コンビを組んできた女優の引退で役を奪われ、妻の千鶴にもつらく当たっていた。その直後、千鶴の訃報が伝えられた。時は経ち2000年。人気TVドラマの映画化の撮影中のスタジオ。映画に不慣れな TV 出身の監督に違和感を感じながらも撮影を続けるスタッフたち。ミオ(麻生久美子)も、夢を抱いて入った映画界の不条理な現実に意欲を失いつつある。そんな時、代役としてある老人が撮影所に現れる。それは三原健の変わり果てた姿だった……。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 終わった人 (2018) : Life in Overtime

  2. ガラスの脳 (2000) : Sleeping Bride

  3. ホワイトリリー (2016) : White Lily

  4. Words with Gods『四苦八苦』(2014) : Sufferings

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。